小学館PS JapanKnowledge
今日のプロダクト 2017年 5月26日
29年前の今月、見たことのないカラーの色鉛筆が発売されました

●色鉛筆
IROJITEN
CI?RTA
発売年月 1988年 5月
株式会社トンボ鉛筆
もっと詳しく
コメント
このプロダクトに寄せられたコメントをご覧ください。
日本工業規格(JIS)が定める49色にとらわれない複合色や中間色を中心に構成された色鉛筆。ペールトーン(淡い)や、ディープトーン(深い・渋い)、ビビットトーン(冴えた)の3色調によって色を分類。さらに「FOR GET・ME・NOT・BLUE(忘れな草)」「KING FISHER(川蝉色)」など、独自の色名を命名してもいる。
プロダクト更新履歴 :  2006-01-13

夏冬知らずの快適生活 冷暖房機器14点を公開
今回は、炭や練炭に代わって登場し、日本人の生活環境を大きく変えた冷暖房機器14品を新たに公開しました。様々な工夫で火力アップする石油ストーブ。日本独自の暖房スタイル、電気コタツ。ようやく庶民にも浸透するようになったエアコンなどなど

新田 太郎 /戦後ニッポン「ものづくり」流行史 :  2005-12-22

第2回 「花柄ブーム」の立役者・魔法瓶
1967年(昭和42)、ナショナル魔法瓶が、花柄をあしらった魔法瓶を発表しました。食器類や贈答品類に花柄のものが出回るようになっているなか、これは大反響で迎えられました。大手メーカーもこれに続き、この業界に「花柄ブーム」が沸き起こったのでした

NSの歩き方 :  2005-12-16

第2回 「ナナハン」より高い腕時計! 世界を驚かせたセイコーのクオーツ技術
「メイド・イン・ジャパン データベース」の検索で〔価格〕を「高い順」にしてみたところ、上位に食い込んでいる腕時計を発見! その価格、実に45万円!? なんと同時代のオートバイよりも高いのです。その正体はいったい何か?

新田 太郎 /戦後ニッポン「ものづくり」流行史 :  2005-12-08

第1回 昭和が生んだ娯楽の王様・テレビ
テレビは、1953年(昭和28)に放送が開始されて以来、半世紀を経た現在においても、日本人にとってもっとも親しみ深い情報メディアです。その普及の中で機能やデザインも変化していきましたが、「家具調テレビ」と呼ばれる独自のコンセプトを持つテレビが登場しました

NSの歩き方 :  2005-12-08

第1回 映画「ALWAYS 三丁目の夕日」で大活躍! “小型三輪トラック”の正体
大ヒット映画「三丁目の夕日」。舞台になっているのは1958年(昭和33)の東京。三輪軽トラック、冷蔵庫、白黒テレビ……その時代に登場したプロダクトを「メイド・イン・ジャパン データベース」から検索する方法を伝授いたします

プロダクト更新履歴 :  2005-12-08

日本の高度経済成長期を彩った傑作プロダクト115点を公開
記念すべき第1回の公開は、1950年から73年、高度成長期の日本が生み出したプロダクトたちです。団塊の世代が青春を記録したハーフサイズ・カメラ、モータリゼーションの一翼を担った憧れの自家用車、茶の間革命を起こしたテレビなど115の逸品が揃いました

« 1 ... 5 6 7 (8)
(C) 2005-2017 Shogakukan Publishing Service / NetAdvance Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます