私たち日本人の生活を支えてきた道具とプロダクト(製品)の数々は、わが国の技術を知り、ものづくりの大切さを知る、生きた教材といえます。当「NipponStyle」は、日本人が造り、改良し、使ってきた、これら逸品の数々を、豊富な写真と資料、そして貴重な証言や綿密な取材記事で構成した画期的なデジタル図典です。日本人の生活スタイルを築き上げてきたそれらプロダクトを知ることは、日本人とその産業文化を知ることであり、日本の未来を知ることにほかなりません。

 「昭和の時代Vol.1 1945‐1973」は、戦後復興を遂げ、驚異の高度成長を謳歌した日本が世界に向けて発信した画期的なプロダクト「メイド・イン・ジャパン」の数々を収めています。昭和30年代40年代を中心に、団塊の世代が青春を記録したハーフサイズ・カメラ、モータリゼーションの一翼を担った憧れの自家用乗用車など懐かしい道具たちが収録されています。
 「昭和の時代Vol.2 1974‐2006」は、いよいよ「ジャパン・アズ・ナンバーワン」と呼ばれるまでに成長した日本企業が、激動する社会情勢〜オイルショック・バブル崩壊・失われた10年〜と戦いながら、「ものづくり」に知恵を絞り、産み出した、優れたプロダクト群を紹介します。「ウォ−クマン」やカード電卓に代表される携帯小型製品やハイブリットカーなど環境を重視したエコ製品、カップラーメンに代表されるインスタント食品など、時代の要請に答えたプロダクトの数々を貴重な資料と共に紹介します。
 「昭和の時代Vol.1&2」の公開によって、本データベースを通して、第ニ次大戦後日本のプロダクト群が一望できるようになり、戦後日本の製品史、プロダクトデザイン史、そして、ものづくりの歴史が概観できるようになります。どうぞお楽しみください。
NipponStyle編集スタッフ