新田太郎 戦後ニッポン「ものづくり」流行史
 
第8回
インスタントラーメン〜戦後生まれの「国民食」
新食品・即席ラーメン誕生
 1958年(昭和33)8月25日、大阪のサンシー殖産(現・日清食品)から「チキンラーメン」が発売された。「お湯をかけて2分間」で食べることのできるこの商品は、年末には生産が追いつかなくなるほどの大人気商品となった。翌59年に大阪の梅新製菓(現・エースコック)が「エースコックの即席ラーメン」を、60年には東京の明星食品が「明星味付けラーメン」を発売したのを代表例に、後を追う生産メーカーが次々にあらわれた。
 58年度には1300万食であった生産数は翌59年には7000万、60年に1億5000万、61年に5億5000万、62年に10億、63年には20億食と急速な伸びを見せて、「即席ラーメン」という新しい食品は、市場で確固たる地位を獲得した。(数字は社団法人日本即席食品工業協会ホームページ「即席麺家頁」http://www.instantramen.or.jp/より引用)
 この人気は、日清食品の創始者である安藤百福(JK会員の方は『日本人名大辞典』『JK Who’s Who』に経歴データがありますので、参照して下さい)が、「チキンラーメン」の開発にあたって掲げた方針――
   1.おいしいこと
   2.保存性があること
   3.便利であること
   4.安価であること
   5.安全であること
(安藤百福『奇想天外の発想』講談社 1983年)
 が、当時の消費者の嗜好にあっており、また、新聞やテレビを通じた大々的なコマーシャルが、商品イメージ浸透の大きな力となったためだろう。折からの家電ブームのなか、55年に発売された自動式電気釜も、この頃に大ブームを迎えていた。家事労働における合理性とスピードの追求のハードウェアが家電であるならば、即席ラーメンをはじめとするインスタント食品は、そのソフトウェアにあたるだろう。
日清チキンラーメン(1958/日清食品)。インスタントラーメンの原点。全てはコレからはじまった エースコックの即席ラーメン(1959/エースコック)。チキンラーメンを追う形で急ピッチで開発された
関西風か、関東風か
 次々と誕生した初期のインスタントラーメンの中には、先発商品である「チキンラーメン」のパッケージデザインや色、名称、製法が酷似したものもあった。1958年(昭和33)の12月に改称した日清食品は、この分野の意匠登録、商標登録、製法特許の諸権利を守ることに尽力し、パッケージの意匠登録に関しては60年に、「チキンラーメン」の商標登録に関しては61年9月に、製法特許に関しては、紆余曲折を経ながら64年に権利を確定させた。
 こうした動きのなか、味付けした麺を油で揚げたものではなく、油で揚げた麺とスープを分けた製品が登場した。62年の4月10日に登場した明星食品の「明星ラーメン」は、麺と粉末スープ、乾燥させたメンマをつけ、従来製品と同じ85g(グラム)入りの一袋が35円で発売された。この方法では、スープや具材の入った袋を開ける手間が増え、即席ラーメンの利点である簡便性で分が悪く、また、どんぶりに麺をあけ湯を注ぐという従来の方法(「関西風召し上がり方」と注記)と併記されてパッケージ裏面で紹介された、鍋で麺と具とスープを煮てどんぶりに移すという方法(「関東風召し上がり方」と案内)は、調理の過程を増やすような案内で、やはり簡便性の面で劣るように懸念されたが、麺の味がより中華麺に近くなったため、人気を獲得した。これに自信を得た明星食品は、同年6月14日、特許権で係争の存在する味付け方式の「明星味付ラーメン」の生産を中止し、スープ別添え方式の浸透を図るため、鍋を使う調理法のアピールに取りかかった。そして片手鍋と製品をセットにしたサンプルを各地で配布するなどして、「お鍋でグラっと2分間」というキャッチコピーで宣伝を行ない消費者に受け容れられた。現在袋ラーメンにおいて主流の鍋を使った調理方法が、この時期、確立されたわけである。(スープ別途方式は、59年に泰明堂(現・マルタイ)の「即席マルタイラーメン」が最初だが、麺を油で揚げてアルファ化させたラーメンとしては明星食品が初)
 スープ別途方式の製品は、麺に味付けをする必要がなく、スープに個性を持たせる事が容易であるため、インスタントラーメンはその味や種類の可能性を拡げていった。そして日清食品の「チキンラーメンニュータッチ冷麺」(62年6月)、「日清やきそば」(63年7月)、東洋水産の「マルちゃんたぬきそば」(63年8月)、エースコックの「ワンタンメン」などが出て、インスタント化の流れは、「ラーメン」の枠からはずれ、麺類全体に広がっていった。
即席マルタイラーメン(1959/マルタイ)。スープ別途方式の先駆者 明星チャルメラ(1966/明星食品)。62年のスープ付ラーメンの後継者 出前一丁(1968年/日清食品)。業界先駆もスープ別途式を発売
即席ワンタンメン(1963/エースコック)。派生拡大するラーメンのバリエーションのひとつ クロレララーメン(1965/ヤクルト食品工業)。現在も発売され続ける知る人ぞ知るロングセラーだ
「あさま山荘」の機動隊員とカップラーメン
 1971年(昭和46)、日清食品から再び新しい概念のインスタントラーメンである、「カップヌードル」が発売された。「チキンラーメン」の登場から13年を経ていた当時、スーパーマーケットの普及といった物流形態の変化、冷蔵庫の2ドア化、大型化といった生活環境の変化があり、冷凍食品を筆頭に、加工食品の種類は多様化していた。即席ラーメンの分野でも、さまざまな工夫を凝らした製品が開発され続けていったが、66年に30億食を数えた生産数は、67年に31億、68年に33億、69年に35億、70年に37億と、それまでの5年間と比較しても低い伸び率を示していた。飽和状態の市場に「カップラーメン」は新たな風を吹き込み、インスタントラーメンという製品のライフサイクルの軌道を修正する働きを示した。
 「カップヌードル」は、日清食品の社長である安藤百福が、市場調査のためにアメリカに渡った際、どんぶりと箸で食べる製品開発コンセプトの限界を覚え、使い捨ての紙コップの普及した姿をみて、機内食のマカデミアナッツのパッケージからインスピレーションを感じ、生み出された製品といわれる。縦長のカップには、それまでにはない、さまざまなアイディアと技術が導入されていた。
 発泡スチロール製の容器に入れられた麺は、その中間にすっぽりとはまり、輸送中に麺と容器の両方を守る「中間保持」の構造であり、上部が密で下部が疎の麺は湯通りを良くし、上部にのせられた具材は、商業ベースとしてはじめてのフリーズドライ化された固形物である。100円という売価は、事前調査で高額すぎるという評価を受けたため、この製品に独特な販路が考えられ、百貨店や官公庁、自衛隊での販売が決まり、専用の自動販売機による販売という新しい方法が考えられ、巧みな宣伝活動によって人気を得た。
 72年2月の「あさま山荘事件」に出動した機動隊員が配布された「カップヌードル」を食べる姿がテレビに映され、お湯と箸やフォークがあればどこでも食べることのできるこの製品の特徴が知れ渡った話はあまりに有名である。
 各メーカーはこぞってカップ式の即席めん(「カップめん」)の製造に着手し、日本農林規格(JAS規格)によって「スナック麺」という品質表示がなされ、食品としてのカテゴリー付けがなされた。74年に恵比寿食品から「タイマー付き焼きそば」が出て、袋めんと同様に多様化の道を歩んだ。
 72年には1億食、以降、73年には4億、74年には7億、75年には11億と生産数を延ばしていき、1989年(平成1)には24億食となって、漸減していた袋めんの生産数を上回っていく。
カップヌードル(1971/日清食品)。「20世紀を代表する食品」とまでいわれた画期的製品。今や全世界規模で普及している
リアリティの追求〜メディアとしてのラーメン
 1960年(昭和35)12月に発行された『暮しの手帖』57号では、「即席ラーメン」の食べ比べの企画が組まれた。誌面には、「共通していえることは、名前はラーメンでも、これまで私たちの舌になじんできた中華料理のあのラーメンの味でもなければ、チャルメラのラーメンの味ともちがうことです」という評価がみえる。
 『暮しの手帖』は、71年6月に「インスタントラーメンのたべくらべ」というタイトルで、再び即席ラーメンにスポットをあてた(第2世紀12号)。そこでは「即席ラーメンは名前こそラーメンとついているからまぎらわしいのだが、じつは中華そば屋のラーメンとは似て非なる、全く別の麺類である。(中略)だから、堂々としていいのだ。いまはまるでラーメンのまがいもの、本当はラーメンにかなわないのだけど、こんなに似せることができました、といってトクトクとなっている、そんな感じがするのである」とある。
 二つの記事から、11年のあいだで、即席ラーメンはインスタントラーメンと呼ばれるようになり、その存在が社会的に認知されていった状況と、インスタントラーメンがラーメンらしさを追求していった姿を捉えることができる。
 61年に即席めんの市場に参入した群馬県前橋市のサンヨー食品は、当時主流の味付き・油揚げの製品を自社開発したが、販売不振により大手の缶詰会社である日魯漁業のブランドを冠した「あけぼのラーメン」を発売、経営体力を養ってから63年に自社ブランドで「ピヨピヨラーメン」を発売し、景品付きセールやテレビコマーシャルなどの営業努力により、即席めん製造メーカーとして、首都圏で一定の存在感を示すようになった。そのサンヨー食品が64年に発売した「長崎タンメン」は、同社を全国区のメーカーに押し上げる大ヒット製品となった。
 ヒットの要因は、コマーシャルや販売拡張の努力もさることながら、それまで醤油の濃厚な味で占められていた市場に、淡白な塩味を提供したところにある。そして味のイメージを、中華料理の「タンメン」という具体的な名前であらわし、特徴を引き立たせるため、長崎の地名を冠するという戦略が成功したもので、業界にタンメンブームを巻き起こした。同社は、この商品で東京地区でのシェア1位を獲得し、66年、スープ別添えの「サッポロ一番しょうゆ味」を発売する。こちらは札幌ラーメンの味をめざした濃厚な醤油味で大ヒット、以降、68年の「サッポロ一番みそラーメン」ではみそラーメンブームを湧き起こし、70年に「サッポロ一番とんとんめん」(とんこつ味)、71年に「サッポロ一番塩らーめん」と、各地で異なるラーメンのイメージを捉えて製品の多様化を進めていき、ブームの推進役となっていった。インスタントラーメンは、「らしさ」―リアリティをセールスポイントに加えることにより、各地の特色のあるラーメンの味を知らせる、情報メディアとしての役割を持つようになったともいえるだろう。
 インスタントラーメンのリアリティへの挑戦は、このように袋めんのスープの粉末化という技術革新から始まった。一方、麺の部分では、68年にノンフライの「サッポロ柳めん」(ダイヤ食品)が出て、油分を補う液体スープとともに普及していき、生麺に近いのど越しと歯ざわりを追求した麺の開発への努力は、81年の「中華三昧」(明星食品)の大ヒットへ連なっていった。そして「中華三昧」は、「四川風」「広東風」「北京風」という味の種類があらわしているように、ラーメン店のラーメンではなく、高級中華料理店の「らしさ」を消費者に伝えた。
 一方、麺を煮込む方法を取らないカップめんの方では、まず、フリーズドライで作られる具の部分に、リアルさが求められていった。具によって名前の変わる日本そばやうどんのインスタント化はその表れといえるし、ラーメンにつきもののチャーシューのフリーズドライ化への努力からも、具材のリアルさが追求されていった姿をみることができる。
 調理方法の面で制限の多い麺の部分においても、昭和51年にカネボウから「ノンフライタンメン」が出て、ノンフライ化が進んだ。平成元年には、生タイプの麺をロングライフ加工したLLタイプの「真打うどん」(島田屋本店)が人気を得て、1991年(平成3)に「夜食亭」(明星食品)、92年に「日清ラ王」が登場し、生タイプのカップめんの市場が急成長したのは記憶に新しいところである。2000年には、日清食品とセブンイレブンの共同開発による「日清名店仕込み」が発売され、話題の店の味にせまった「ご当店ラーメン」が人気を得て、ここにいたってインスタントラーメンのもつ情報メディア性は、よりはっきりと見えるようになった。
即席ピヨピヨラーメン(1963/サンヨー食品)。同社の基礎を築いた初の本格的自社ブランド商品 長崎タンメン(1964/サンヨー食品)。ご当地色を打ち出し、大成功を収めた
サッポロ一番しょうゆ味(1966/サンヨー食品)。ラーメンの本場・札幌を前面に押し出したヒット作 サッポロ一番みそラーメン(1968/サンヨー食品)。さらにサッポロご当地の味を追求する サッポロ一番塩らーめん(1971/サンヨー食品)。ラーメンの味のバリエーションをほぼ網羅
中華三昧(1981/明星食品)。インスタントの枠を超えた歯ごたえのある麺を再現 日清ラ王(1992/日清食品)。カップめんの覇者が満を持して放った生麺タイプ
インスタントラーメンのゆくえ
 誕生から半世紀を迎えようとしているこの食品については、あまりに語ることが多く、ここで取り上げたいくつかのエポックは、インスタントラーメンの歴史のなかの断片に過ぎない。ワカメラーメンブームや激辛ブームなど、味付けの部分での流行や、1.5倍、1.25倍、またはマグカップサイズなどといった、内容量の変化にも、生活史との多くのかかわりを見つけることができる。技術革新のなかにあって、チキンラーメンやサッポロ一番シリーズ、カップヌードルは、消費者の支持を受け続け、登場時とほぼ変わらない形で食べ継がれている。
 そしてもはやインスタントラーメンは日本だけのものではない。中国とインドネシアの市場は日本より大きく、人口からいえば、日本より韓国の消費比率のほうが高い。東南アジアを中心に、世界各国に広まったインスタントラーメンは、それぞれの国にあわせた歴史を生み出してゆくのだろう。
 しかし、これからのインスタントラーメンを、わたしたちの生活と関連させて考えるとき、この食品の持つメディア性は欠かすことができないだろう。社会の情報化が進行しても、味覚や触覚は、いまのところ情報機器によって仮想体験できないものだからだ。
 インスタントラーメンは、今後どのような驚きを、私たちに伝えてくれるのだろうか。
わかめラーメン(1983/エースコック)。折からのヘルシーブームに着目して開発された スーパーカップ(1988/エースコック)。その大きさと3種同時発売ということで話題を呼んだ
文献
・日清食品社史編纂室『日清食品社史―食足世平―』日清食品 1992年
・安藤百福『奇想天外の発想』講談社 1983年
・エーシーシー編『めんづくり味づくり−明星食品30年のあゆみ』明星食品 昭和61年
・サンヨー食品株式会社『味とまごころの交差点−サンヨー食品45年のあゆみ』サンヨー食品 1999年
・社団法人日本即席食品工業会『創立30周年記念−30年のあゆみ』社団法人日本即席食品工業会 1995年
・日本食糧新聞社『日本が生んだ世界食 インスタントラーメンのすべて』日本食糧新聞社 2004年
・木島実「インスタントラーメンの開発と企業発展」(高橋正郎監修『フードシステム学全集』第5巻 農林統計協会 2001年)
・「即席ラーメン」(『暮しの手帖』57号 1960年12月)
・「インスタントラーメンのたべくらべ」(『暮しの手帖』第2世紀12号 1971年6月)